あなたの会社が90日で儲かる!

私が集客というものを勉強するきっかけとなった本です。
ある種、私の人生を変えた一冊と言っていいと思います^^

経営コンサルタントの神田昌典氏の本です。
有名な人ですので、聞いたことくらいはあるかもしれません。

儲かるとか書いてあると、ちょっと手に取りたくなるのが、人間の性ですね^^;
感情マーケティングという聞きなれない話がメインです。

人間の感情に着目して、ビジネスをしていく。
モノやサービスを売っていくということです。

サラリーマンから、個人サロンを開いた私にとって、当時はすごい衝撃だったことを覚えています。
「売る」っていうのは、こういう事だったのか!と(笑)

かなり何回も読み返した記憶があります。
本のカバーがどこかに行っていて(苦笑)、ドッグイヤーがかなりあって、文章に線まで引いていますね^^;

これからサロンを経営する、一人でやっていくんだという人には、かなりおススメしたいと思います。

・儲かる広告と儲からない広告がある
→これは実際に私も経験したので、ぜひ覚えておきたい

・高い広告を出したからと言って、反応が多く取れるわけではない
→明確な関連性はないので、試行錯誤が必要

・「まだムダ金を使いますか?」という感情にアピール
→お得ですも大事だが、感情に訴えかけることも大事

・個客意識
→「お客様のために」が口先だけになっていないか?

・人は商品を買うのではなく、ショッピングという体験を買っている。
→購入後を想像させること

・特定のものを探している人は、小さな広告でも目を付ける
→アピールをすることの大切さと、ターゲッティングの大切さ

・情報提供から購買へ
→即売り込むとお客様と敵対関係になる。情報提供から信頼関係を

などなど、たくさん紹介したいフレーズがあるが、ここまでにします^^

「売る」ということを考えたことがない場合、この本は大きな助けになってくれると思います。
一度目を通してみると、なんとなく「売る」ということについて、理解が進みますし、頭が整理されると思います^^

個人的評価
★★★★★

コメントを残す